動画広告

動画広告は動画配信サイト(YouTube等)へ広告を掲載し、視覚的なプロモーションを行えます。
TVCMとは違い、ターゲットの趣味趣向や属性などを的確に狙えるので、効果的な訴求が期待できます。

動画広告の特徴

インターネットならではの動画戦略

インターネットの動画広告は、開始5秒でスキップを選択できる場合があります。
そのため5秒間で興味を引けなければ、最後まで動画を見てもらえず商品やサービスを知ってもらうことはできません。
また、音声を消して再生する人も少なくないため、動画にはテロップを付けるといった工夫も必要となります。
このように様々な状況を考慮することで、より高い効果を見込めます。

動画を見たあとのアクションも重要

動画広告は、商品やサービスを知っていただくだけでなく、その後の購入や申し込みに繋げることが重要です。
WEBサイトに誘導し成果を出したい場合は、動画で紹介している商品やサービスをWEBサイトのトップページに配置するなど、動画と雰囲気を合わせたデザインや内部設計にし、成果の獲得を目指しましょう。

動画広告の施策プラン

↓横にスクロールできます
プラン名 プラン内容
動画広告
  • ・検索市場調査
  • ・競合調査
  • ・配信媒体の選定
  • ・動画のシナリオ・構成案提案
  • ・動画作成コンサルティング
  • ・広告管理運用
  • ・広告配信の最適化
  • ・広告配信後のデータ分析